スペイド CM

トヨタ スペイドCMについて

スペイドのCMは、まずジャックという人物の登場からはじまり、その人物の好きなもの、趣味を明らかにすることで、車の特徴を活かしているともいえる。
一つ目の特徴として、大開口スライドドアが指定されており、入り口が広く、大きなものでも比較的入れやすい。
この場合は楽器としてあげている。
次に第二の登場人物のクイーンでは、低床フロアをあげており、人も荷物も車内に入れやすく、また、お年寄りや子供など自分で乗ることが大変な方も乗ることが楽になると思うし、降りる時も、床が低いので、着地しやすいと思う。
3人目の登場人物としてキングがおり、趣味はサーフィンとゆうことで、どでかいサーフボードも収納できるほど、中に余裕があり、広さがあり、スペースを活かすことができるということである。
また、家族で遠出するときでも、荷物がたくさん入るので、安心できる。

 

このCMはスペイドという車の名前によって登場人物の名前もトランプにちなんでつけられていて、比較的インパクトがあり覚えやすい。
特徴もはじからはじまで全部を1CMで暴露していないので、頭がこんがらがったりせず、素直に特徴を理解できる。
また、BGMも車が滑走するシーンや、紹介する場面の雰囲気にすごく合っていて、印象に残りやすく、かっこいいなと思わせる演出がすごくいいとおもう。
ナレーションの声も渋く、この雰囲気のCMにぴったりで、べらべら解説するのではなく、登場人物の説明などもありつつ、簡潔に車の説明もしているので、わかりやすい。
問題点としてあげるなら、街の絵がCGだと思われるので本当の街中や山など公道を走ったらどんな感じの滑走になるのかは不安が残る。
また、ロックでかっこいい、個性が強いイメージがあるので、女性や、年配の方は運転してみようかな、かったみようかなという気持ちになりにくいのかなとは思う。
比較的男性目線のCMになっているとおもう。
橋本愛さんを起用しているのだが、せっかくの女性がロックなイメージで、一般の万人女性に受けるかはやや不安である。

 

◎お役立ち
スペイドの値引きにはコレがいい!